2006年12月13日



浦和異例の「JAPAN」ユニフォーム 第三ユニフォーム


 レッズがACL(アジアチャンピオンズリーグ)用の第三ユニを作るとのこと。

 うーん、いいなー、レッズはいよいよビッグクラブへの道を歩み始めているようだ。

 最近、ヨーロッパのテレビ局が選別する世界10大ビッグクラブの一つに、レッズが選ばれたということだが、その大きな理由の一つがサポーターということだった。

 やはり、あの熱狂的な赤いサポーターは、他国のサッカー関係者から見ても良い印象を与えているらしい。

 私が思うに、レッズには優れたマーケティングプランナーがいるのではないかと思う。

 マーケティング戦略の一つに「ブランド戦略」というものがあるが、まさにレッズはその道をうまく進んでいるように思う。

 単純に、偶発的にそうなることは考えられないので、「チーム」にそういう方面を熟知した人物か、グループがあるのだろう。

 レッズは現在「ブランド化」しつつある、つまりレッズの本拠地埼玉県民だけでなく、居住地区関係なく好かれる、一目置かれるクラブだ。

 こういうクラブは、人気が出る→お金が入る→いい選手が獲れる→好成績を上げる→人気が出る・・・というような好循環スパイラルに入っていく。

 最近は、私の近くの本屋でもレッズが発行している月刊誌が置かれるようになった。
 地元のクラブのホームゲームに行っても、なんとレッズのサポーターの方が声が響くのだ。彼らは良く組織的にまとまり、本当の意味でアウェーで戦う選手達をサポートしている。

 しばらくすれば新監督も決まると思うが、今後、レッズが選手の能力に見合ったスペクタクルなサッカーを見せてくれるようになれば、国民的クラブになる日も近いのかもしれない。



posted by ゆーた at 10:48 | 日記

2006年12月12日



千葉MF阿部、国内移籍も視野に


レッズがジェフの阿部の獲得の意思があると、この間報道されていたが、阿部の加入が決まるとレッズの選手層がますます厚くなりそうだ。

 レッズは、AFCの参加も決まっているので、即主力の補強が急務なのだろう。
 ただ、阿部が加入したレッズを見てみたい気はする。

 現在、鈴木啓太と長谷部でダブルボランチを張っていたりするが、これで阿部が加入することで、阿部を鈴木啓太と組ませ、長谷部を前にすることもできるし、闘莉王が離脱した際にはリベロに入ることもできる。

 もし、これで阿部の加入が実現すれば、レッズの選手層はJ屈指になる。来季からは新監督が指揮をとるようになるが、その戦術がうまくフィットすれば開幕からの独走もありえる・・・。

 ただ、レッズにはAFCの予選突破も期待したいところ。現在、クラブワールドカップが行われているが、やはり日本で行われている大会で日本のクラブが出場していないのは寂しいところ。

 A代表を始め、各世代でもアジアでは上位に顔を出しているのだから、クラブの方でもぜひがんばってほしいところだ。


---------------------------------------------

 浦和など複数のクラブからオファーを受けている千葉MF阿部勇樹(25)が11日、国内移籍も視野に入れていることを示唆した。自主トレのため訪れた千葉・姉崎グラウンドで「オファーは光栄か」の質問に「そうですね。見てくれている人は見てくれているんだなと思う」と話した。さらに「移籍するなら海外というイメージがあったけど」と聞かれると「いや、別に」と、こだわらない姿勢を示した。

 海外組を重用したジーコ前日本代表監督に対しオシム現監督の選手選考には国内組、海外組の差はない。リスクを冒してまでの海外移籍の必要性は感じていないようだ。「まずはクラブの話を聞いてから」と阿部。近日中に行われる契約交渉の席で、千葉側の姿勢を聞いてから、今後の方向性を決める。


posted by ゆーた at 10:24 | 日記

2006年12月11日



福岡、降格 神戸、昇格


 J1,J2入れ替え戦が行われ、福岡の降格、そして神戸の1年での昇格が決定した。

 この日はテレビで見ていたが、やはり激しい試合になっていた。
 先制のアウェーゴールを決めた神戸は、引き気味に試合を展開し、選手交代など事あるごとに時間稼ぎを行い、かたや福岡は左の古賀からの攻撃をひたすら繰り返していた。

 後半は福岡が1点を取り返したものの、やはりアウェーゴールの重みが重くのしかかり、福岡の降格が決まってしまった。

 ただ、この試合というより入れ替え戦はJ2のクラブの方がかなり有利に思えた。
 J2、3位と言えどもJ2の厳しいリーグを3位で抜け、J1への昇格というポジティブな目標を持ち、勢いのあるクラブと、かたや敗戦に敗戦を重ね、なんとかJ1残留を目指したいというクラブである。

 神戸にはその辺りでのイニシアチブがあったのではと思うが、なにはともあれ厳しいJ2を戦い抜け、よく一発勝負の入れ替え戦に勝ったものだ。

 神戸はすでに8選手の戦力外など、戦力の補強を始めると思うが、今回はイルハン獲りの時のような失敗はないようにしてほしいものだ。


posted by ゆーた at 10:26 | 日記

2006年12月07日



アジア大会 ドーハで惜敗


 昨日、深夜にアジア大会日本ー北朝鮮戦があったので観戦。

 日本は先制点となるFKを前半開始3分に決められたあと、すぐに1点を取り返したが、その後後半にまたもやFKを決められた。

 その後、日本は左右サイドに展開しながら後半終了まで攻め続けたが、結局追加点は奪えず1−2の惜敗、2次リーグでの敗退が決まってしまった。

 日本は支配率では優位にたっていたが、至近距離のFKを2本とも決められたのは痛かった。
 それに加え、この試合はあそこで「本田がハンドをしなければ・・・」とか、「谷口のゴールが認められていれば・・・」など、悔やまれる点が多かった。

 北朝鮮にはついこの間のアジアユースでも決勝で敗れていたので、今回は最低でも引き分けで決勝トーナメントに進出してほしかったのだが、それもかなわなかった・・・。残念。。。



posted by ゆーた at 09:50 | 日記

2006年12月06日



CL ローマ、バルサ、バイエルン16強進出!


 CLグループリーグ戦が行われ、ローマ、バルサ、バイエルンが16強に進出。

 私はロマニスタなのだが、ローマの16強進出は本当にうれしい。今季はセリエAでも久々のスクデットが狙える位置にいて調子もいい。ぜひ優勝を目指してほしいものだ。

 本調子でなかったものの、ワールドカップ優勝を果たしたトッティ。残すところ手にしていないビッグタイトルはCLだろう。

 他のビッグクラブへの道を断ち、ローマでのタイトル獲得の道を選んだトッティ。ぜひ、ビッグイヤーを獲得してほしいものだ。


posted by ゆーた at 10:19 | 日記

2006年12月04日



高原 ハットトリック!


高原がハットトリックを達成。

今季からフランクフルトに移籍した高原、移籍後まもなくのコメントで「このクラブではいいボールが来る」と語っていただけにハンブルガーSV時よりもコンスタントに得点を挙げていたが、ここにきてハットトリックを達成。

チームの信頼も一気に増したことだろう。ただ、今回は、3トップの中央でのスタメンだっただけに、すでに監督の信頼は得ていたのだろう。

FWは得点を得る前に、まずチームの信頼を得なければならない。信頼を得られないFWにラストパスを送る選手はいない。

これで「最後はタカに」という空気が浸透し始めれば、ゴール量産体制に入るという期待も持てる。

海外に移籍して本来の意味で「成功」したFWはまだいないが、ぜひその第一人者となってほしいものだ。



posted by ゆーた at 10:43 | 日記





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。