2006年11月29日



秋田、奥、中西、平野が相次いで・・・


 秋田、奥、中西、平野の退団がそれぞれのクラブから発表された。

 秋田、奥、中西、平野と言えば、今まで代表、各クラブのメインの選手として出場し続けてきた選手だったが、とうとう世代交代の波が押し寄せてきたようだ。

 最近は、選手全体のレベルが底上げされ、若い選手の中にも能力の高い選手が増えてきたことや、若い選手は運動量が豊富で「走れる」ということも魅力の一つなのだろう。

 秋田と言えば、熱い気持ちと体を張ったディフェンス。奥と言えば、高い技術力と広い視野。中西と言えば、1歩先を読んだディフェンス。平野と言えば、やはり驚異の左。

 それぞれが魅力的なスキルを持った選手たちだけに惜しいかぎりだ。ただ惜しいと言っても、まだサッカー人生が終わったわけではない。

 まだ必要としてくれるクラブがある限りは、カズのようにプレイヤーとしてピッチにその立つ姿を見せてほしいと思う。
posted by ゆーた at 10:39 | 日記





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。