2006年12月13日



浦和異例の「JAPAN」ユニフォーム 第三ユニフォーム


 レッズがACL(アジアチャンピオンズリーグ)用の第三ユニを作るとのこと。

 うーん、いいなー、レッズはいよいよビッグクラブへの道を歩み始めているようだ。

 最近、ヨーロッパのテレビ局が選別する世界10大ビッグクラブの一つに、レッズが選ばれたということだが、その大きな理由の一つがサポーターということだった。

 やはり、あの熱狂的な赤いサポーターは、他国のサッカー関係者から見ても良い印象を与えているらしい。

 私が思うに、レッズには優れたマーケティングプランナーがいるのではないかと思う。

 マーケティング戦略の一つに「ブランド戦略」というものがあるが、まさにレッズはその道をうまく進んでいるように思う。

 単純に、偶発的にそうなることは考えられないので、「チーム」にそういう方面を熟知した人物か、グループがあるのだろう。

 レッズは現在「ブランド化」しつつある、つまりレッズの本拠地埼玉県民だけでなく、居住地区関係なく好かれる、一目置かれるクラブだ。

 こういうクラブは、人気が出る→お金が入る→いい選手が獲れる→好成績を上げる→人気が出る・・・というような好循環スパイラルに入っていく。

 最近は、私の近くの本屋でもレッズが発行している月刊誌が置かれるようになった。
 地元のクラブのホームゲームに行っても、なんとレッズのサポーターの方が声が響くのだ。彼らは良く組織的にまとまり、本当の意味でアウェーで戦う選手達をサポートしている。

 しばらくすれば新監督も決まると思うが、今後、レッズが選手の能力に見合ったスペクタクルなサッカーを見せてくれるようになれば、国民的クラブになる日も近いのかもしれない。



posted by ゆーた at 10:48 | 日記

2006年12月12日



千葉MF阿部、国内移籍も視野に


レッズがジェフの阿部の獲得の意思があると、この間報道されていたが、阿部の加入が決まるとレッズの選手層がますます厚くなりそうだ。

 レッズは、AFCの参加も決まっているので、即主力の補強が急務なのだろう。
 ただ、阿部が加入したレッズを見てみたい気はする。

 現在、鈴木啓太と長谷部でダブルボランチを張っていたりするが、これで阿部が加入することで、阿部を鈴木啓太と組ませ、長谷部を前にすることもできるし、闘莉王が離脱した際にはリベロに入ることもできる。

 もし、これで阿部の加入が実現すれば、レッズの選手層はJ屈指になる。来季からは新監督が指揮をとるようになるが、その戦術がうまくフィットすれば開幕からの独走もありえる・・・。

 ただ、レッズにはAFCの予選突破も期待したいところ。現在、クラブワールドカップが行われているが、やはり日本で行われている大会で日本のクラブが出場していないのは寂しいところ。

 A代表を始め、各世代でもアジアでは上位に顔を出しているのだから、クラブの方でもぜひがんばってほしいところだ。


---------------------------------------------

 浦和など複数のクラブからオファーを受けている千葉MF阿部勇樹(25)が11日、国内移籍も視野に入れていることを示唆した。自主トレのため訪れた千葉・姉崎グラウンドで「オファーは光栄か」の質問に「そうですね。見てくれている人は見てくれているんだなと思う」と話した。さらに「移籍するなら海外というイメージがあったけど」と聞かれると「いや、別に」と、こだわらない姿勢を示した。

 海外組を重用したジーコ前日本代表監督に対しオシム現監督の選手選考には国内組、海外組の差はない。リスクを冒してまでの海外移籍の必要性は感じていないようだ。「まずはクラブの話を聞いてから」と阿部。近日中に行われる契約交渉の席で、千葉側の姿勢を聞いてから、今後の方向性を決める。


posted by ゆーた at 10:24 | 日記

2006年12月11日



福岡、降格 神戸、昇格


 J1,J2入れ替え戦が行われ、福岡の降格、そして神戸の1年での昇格が決定した。

 この日はテレビで見ていたが、やはり激しい試合になっていた。
 先制のアウェーゴールを決めた神戸は、引き気味に試合を展開し、選手交代など事あるごとに時間稼ぎを行い、かたや福岡は左の古賀からの攻撃をひたすら繰り返していた。

 後半は福岡が1点を取り返したものの、やはりアウェーゴールの重みが重くのしかかり、福岡の降格が決まってしまった。

 ただ、この試合というより入れ替え戦はJ2のクラブの方がかなり有利に思えた。
 J2、3位と言えどもJ2の厳しいリーグを3位で抜け、J1への昇格というポジティブな目標を持ち、勢いのあるクラブと、かたや敗戦に敗戦を重ね、なんとかJ1残留を目指したいというクラブである。

 神戸にはその辺りでのイニシアチブがあったのではと思うが、なにはともあれ厳しいJ2を戦い抜け、よく一発勝負の入れ替え戦に勝ったものだ。

 神戸はすでに8選手の戦力外など、戦力の補強を始めると思うが、今回はイルハン獲りの時のような失敗はないようにしてほしいものだ。


posted by ゆーた at 10:26 | 日記

2006年12月07日



アジア大会 ドーハで惜敗


 昨日、深夜にアジア大会日本ー北朝鮮戦があったので観戦。

 日本は先制点となるFKを前半開始3分に決められたあと、すぐに1点を取り返したが、その後後半にまたもやFKを決められた。

 その後、日本は左右サイドに展開しながら後半終了まで攻め続けたが、結局追加点は奪えず1−2の惜敗、2次リーグでの敗退が決まってしまった。

 日本は支配率では優位にたっていたが、至近距離のFKを2本とも決められたのは痛かった。
 それに加え、この試合はあそこで「本田がハンドをしなければ・・・」とか、「谷口のゴールが認められていれば・・・」など、悔やまれる点が多かった。

 北朝鮮にはついこの間のアジアユースでも決勝で敗れていたので、今回は最低でも引き分けで決勝トーナメントに進出してほしかったのだが、それもかなわなかった・・・。残念。。。



posted by ゆーた at 09:50 | 日記

2006年12月06日



CL ローマ、バルサ、バイエルン16強進出!


 CLグループリーグ戦が行われ、ローマ、バルサ、バイエルンが16強に進出。

 私はロマニスタなのだが、ローマの16強進出は本当にうれしい。今季はセリエAでも久々のスクデットが狙える位置にいて調子もいい。ぜひ優勝を目指してほしいものだ。

 本調子でなかったものの、ワールドカップ優勝を果たしたトッティ。残すところ手にしていないビッグタイトルはCLだろう。

 他のビッグクラブへの道を断ち、ローマでのタイトル獲得の道を選んだトッティ。ぜひ、ビッグイヤーを獲得してほしいものだ。


posted by ゆーた at 10:19 | 日記

2006年12月04日



高原 ハットトリック!


高原がハットトリックを達成。

今季からフランクフルトに移籍した高原、移籍後まもなくのコメントで「このクラブではいいボールが来る」と語っていただけにハンブルガーSV時よりもコンスタントに得点を挙げていたが、ここにきてハットトリックを達成。

チームの信頼も一気に増したことだろう。ただ、今回は、3トップの中央でのスタメンだっただけに、すでに監督の信頼は得ていたのだろう。

FWは得点を得る前に、まずチームの信頼を得なければならない。信頼を得られないFWにラストパスを送る選手はいない。

これで「最後はタカに」という空気が浸透し始めれば、ゴール量産体制に入るという期待も持てる。

海外に移籍して本来の意味で「成功」したFWはまだいないが、ぜひその第一人者となってほしいものだ。



posted by ゆーた at 10:43 | 日記

2006年11月29日



秋田、奥、中西、平野が相次いで・・・


 秋田、奥、中西、平野の退団がそれぞれのクラブから発表された。

 秋田、奥、中西、平野と言えば、今まで代表、各クラブのメインの選手として出場し続けてきた選手だったが、とうとう世代交代の波が押し寄せてきたようだ。

 最近は、選手全体のレベルが底上げされ、若い選手の中にも能力の高い選手が増えてきたことや、若い選手は運動量が豊富で「走れる」ということも魅力の一つなのだろう。

 秋田と言えば、熱い気持ちと体を張ったディフェンス。奥と言えば、高い技術力と広い視野。中西と言えば、1歩先を読んだディフェンス。平野と言えば、やはり驚異の左。

 それぞれが魅力的なスキルを持った選手たちだけに惜しいかぎりだ。ただ惜しいと言っても、まだサッカー人生が終わったわけではない。

 まだ必要としてくれるクラブがある限りは、カズのようにプレイヤーとしてピッチにその立つ姿を見せてほしいと思う。


posted by ゆーた at 10:39 | 日記

2006年11月24日



中村俊輔FK一閃!CL決勝トーナメント進出


 しびれた。

 テレビでその決勝点となるFKを見た時は、しばらくしびれた。

 ゴールが決まった後の一瞬の静寂。そして、ホームのセルティックパークに爆発するサポーターの歓喜の声。

 そこに駆け寄る胸のエンブレムを誇らしげに掲げる中村俊輔の姿。映画の1シーンを見ているようだった。

 セルティックにとっても、日本にとっても初めてのCL決勝トーナメントへの進出。
 以前、セルティックサポーターが中村俊輔のことを「彼はもう伝説だよ」と言っていたが、これで彼の名は永遠にセルティックサポーターに伝説として残ることだろう。

 また、中村俊輔の名前が刻み込まれたのはセルティックサポーターのみならず、欧州の全てのサッカー関係者の耳に、脳にも届き、刻み込まれたことだろう。

 気になるのは、CL決勝トーナメントの成果とともに、中村俊輔がプレーする「場」だが、今後、決勝トーナメント、スコットランドリーグで現在の評価を落とすようなプレーをしなければ、彼は自分が希望するあらゆるリーグでプレーすることが可能だろう。

 中村俊輔、26歳の今、いよいよクラッキへの階段を登り始めたのかもしれない。






posted by ゆーた at 12:14 | 日記

2006年11月01日



ユース強し


 昨日は、日本VSタジキスタンのアジアユースを観戦。

 この試合は、予選突破への大きなカギとなる試合だったが、前半早々に2点を先制できたことが大きく、その後は完全に試合のペースを握って、終わってみれば、4−0の圧勝だった。

 ただ、結果も良かったが内容もいい試合だった。どの得点もきれいな流れから決められた点だったし、守備も安定して安心して見ていることができた。

 あとは、イランに5点差以上で敗れなければ決勝トーナメントへ進出できるそうだが、ここはきっちりイランに勝って、1位で決勝に進出してほしいものだ。



posted by ゆーた at 10:59 | Comment(5) | 日記

2006年10月30日



サンフレ快勝!


 サンフレ快勝!

 マリノスとは相性がかなり悪いため、心配していたが、序盤はその予感が当たり、マリノスにペースを握られてしまう。
 ゴールは割られなかったものの、サイドを崩され、苦戦が続いた。

 しかし、前半の13分にウェズレイがうまくコースをついたFKで先制ゴ〜ル!!
 これで落ち着いたのか、以降はサンフレのペースでボールを回せるようになり、佐藤の1発やウェズレイの追加弾で決着をつけた。

 今年も残り5節だけれども、下位のクラブが勝点を伸ばしているので、まだ残留当確ランプはついていない。

 次は天皇杯を挟んで、11日に福岡と残留争い同士の直接対決!ここはぜひ勝って、残留当確に一歩でも近づいてほしいものだ。



posted by ゆーた at 09:58 | Comment(0) | 日記

2006年10月27日



前田にオファーが


 サンフレの前田俊介に、フランス2部のグルノーブルからのオファーが来たとの報道があった。

 今まで、海外のオファーがあるのは、大きなクラブの有名な選手だとばかり思っていたから、サンフレの選手にオファーがあったと知って、なんだか不思議な感じがした。

 どちらかいえばローカルな広島のクラブに降ってわいたような、海外移籍のオファー。
 たしかに前田はかなり期待している選手だし、今は控えだけどサンフレにはとても必要な選手だと思っている。

 だが、サポーターとしてオファーの話は単純にすごくうれしい話だった。

 サンフレには、あと佐藤や駒野、あと浩司などもいて、今後も海外からのオファーが続くかもしれない。

 サポーターには、海外に移籍した選手を応援できる幸せもあるのだなあと知った今日この頃。


 


posted by ゆーた at 09:49 | Comment(0) | 日記

2006年10月25日



ROMA分ける


 週末は、キエボとのホーム戦があったが、トッティの今期初ゴールが決まったものの、手痛いドロー。

 先週までは首位だったのだが、パレルモ、インテルに抜かれて3位になってしまった。

 ユベントスが去り、ミランがペナルティを受けての今期のスタートだったが、ミランは勝ち点4になり着実に順位を上げてきている。

 ただ、ミランもシェフチェンコの抜けた穴は大きそう。ミランもパレルモにホームで負けたりしているので。

 それにしても、J-Skyは毎週ほとんどローマの試合を流してくれるが、番組制作者がよっぽどのロマニスタなのだろうか。

 あるいは、ほかのビッククラブの放映権がないからだろうか。まあ、どちらにしても、試合が見られるのでこんなに嬉しいことはないのだけれど^^


posted by ゆーた at 10:27 | Comment(0) | 日記

2006年10月23日



サンフレの惨敗などいろいろ


 サンフレ、セレッソ戦にて惨敗。
 
 相手は最下位で、しかもこれに勝てばほぼ残留確定だったものの、あえなく敗戦。
 しかも、4失点という大量失点のおまけつき。

 今日は佐藤の出場停止のため、いつもとシステムを変えての開始となったが、最初からもダメダメだった。
 やはり、残留をかけたセレッソの気迫に勝るものがなかったのだろう。後半は、いつものシステムに戻したものの、前半の勢いをくつがえすことはできず、ズルズルとやられてしまった。。。

 残り、残留争いの福岡、京都との直接対決が控えているので、ぜひ勝ってほしいものだ。間違っても降格だけは、勘弁して欲しい。

 あとは、セルティックの中村がキレキレだ。現時点だけの能力、調子でいえば、世界のOMFの中でも10人の中には入っているのではないだろうか。

 この間のハットトリックもすごかったが、昨日見た2本のアシストのパスはどれも美しかった。スコットランドの目の肥えたサポーターもとても興奮している様子だった。

 CLも出ていることだし、たぶんビッククラブもチェックしていることだろう。



posted by ゆーた at 09:35 | Comment(0) | 日記

2006年10月16日



逆転5発


 サンフレ、逆転勝利!

 前半見ている時は、いきなり2発くらって、これはダメダメモードか?と思っていたところ、佐藤が1発を返し、2−1で前半を終了。

 しかし、その佐藤も前半で負傷退場し、駒野も後半開始早々の負傷退場。これはちょいキビしいと思っていたところ、ウェズレイが華麗なオーバーヘッドで動転に。

 そして、ハンジェのゴール!今まで控えでがんばってきてたが、この日は交代のチャンスを見事に活かして、サイドからの攻め上がりもかなり良かった。

 続いては、浩司のゴール!前に詰めてもらったボールを、利き足とは逆の右足で丁寧にコースをついての見事なゴール。

 ペトロビッチ監督に代わって、厳しい練習に代わったが、その成果か今までとは後半の動きがまったく違うようになっている。

 今までのサンフレだと、後半に逆転なんてまずありえなかった。それが今や、豊富な運動量で後半に巻き返すケースが目立ってきている。

 数値的に見ても、後半のシュート数や支配率が目に見えて上がってきている。
 あとは、選手の能力のみならず内面にも目を向ける監督の手腕も巧みなのだろう。

 今年のシーズンも残すところ数試合。このシーズンは、なんとか残留を決めて、来年はいい補強をしてペトロビッチ監督のもとキャンプを行って、ぜひ上位に絡むシーズンを送ってほしいものだ。

 あとは、天皇杯もいいとこ行くと言うことないなー。



posted by ゆーた at 10:10 | Comment(0) | 日記

2006年10月13日



キャプテンご立腹


 キャプテン川渕さんが、とうとうキレたらしい。

 今回は特にご立腹で、代表だけでなく巻など個人名を挙げて批判したご様子。

 ただ、今からして思うのだが、あのインド戦での日本のモチベーションの低さは、置かれた状況にもあったのではとちょっと思ったりもする。

 インド戦での環境はテレビで見ているかぎり、本当にひどかった。

 照明もつかず野良犬が徘徊する練習場、デコボコのピッチ、頻繁に落ちる照明、試合中に入ってくる野良犬(試合終了直前だが)などなど。。。

 自分がプレーヤーになったことを考えてみると、ちょっとマトモに試合をしようという気にはなれない(笑)
 たぶん、ぜんぜんやる気が出ないと思う。

 あと、アジアカップ本戦への出場が決定しているし、相手は失礼ながらも格下のインドとなると、これはモチベーションも下がらるもんじゃないのかなーとも思ってしまう。

 ただ、次はホームでのサウジ戦。ここでは海外組が呼ばれるかもしれず、さらに負傷しているDF陣も戻ってくるようなので、期待したいところ。

 それにしても、今の日本はCBが少ないなー。レギュラーが2人抜けると、すぐに本職じゃないメンバーがCBに入っているもんなー。


 


posted by ゆーた at 10:13 | Comment(0) | 日記

2006年10月12日



勝ちはしたものの・・・


 昨日のアジアカップ、対インド戦。勝ちはしたものの、なにかすっきりしない感が残る試合だった。

 なぜだろう。播戸の2得点と中村の得点で快勝したのに。

 ピッチがひどいせいでもない。照明がバンバン落ちまくったからでもない。試合中に野良犬がウロウロしていたからでもない。

 たぶん代表の「力」がはっきり見えなかったからかもしれない。

 本来であれば、アウェイと言えども日本が圧倒的にボールを支配し、試合を進めていてもおかしくないくらいの力の差があると思う。

 ところが、後半はとにかくボールが落ち着かず、インドに押し込まれるシーンやヒヤリとするシーンが多々あった。

 CBも欠け、遠藤も急遽病欠となったりで急造の感はいなめなかったが、ガーナ戦でちょっと光が見えてきていただけに、ちょっと残念な内容だった。

 次は11月にサウジ戦があるが、その時はまた期待したいものだ。

P.S.
 個人的には、佐藤が途中出場で出てきたが、ほとんど「消えて」しまっていた。同じサンフレの駒野が佐藤狙いで何度かボールを送ってくれてはいたが。。。好きな選手だけにちょっと惜しかった。


posted by ゆーた at 10:04 | Comment(0) | 日記

2006年10月07日



うーん


うーん、負けてしまった。サンフレ対甲府戦

 後半終了間際まではなんとか甲府の猛攻をしのいでいたものの、バレーについに押し込まれて勝ち点1も取れなかった。。。

 たしかにサンフレも今年のリーグ開始直後あたりに比べると、だいぶんマシになってきたのだが、やはりまだまだのようだ。

 ただ監督がペトロビッチになって、スタメンが変わり、選手の意識や動きも変わってきたような気がする。

 走りこみが効いているのか、以前のように先制点ゲット→後半逆転という光景が皆無になっている。
 今では逆に、後半に勝ち越し点を挙げたり、シュート数で相手を上回るようにまでなっている。

 方向性は間違ってないと思う。

 今年は、なんとか降格争いからは逃げて、オフにいい補強をして来年は上位争いに加わって欲しいものだ。 


posted by ゆーた at 23:47 | Comment(0) | 日記

2006年10月06日



解雇


 暴行で捕まっていたベットだが、今日正式に解雇が言い渡された模様だ。

 うーん、もとはと言えば他人の誤解に端を発した事件だったのに、予想以上に思い処分だった。

 ただ、これは球団の選手事情も絡んでいるのではないかと思う。

 最近、ベットは新監督の構想から外れていた。
 つまり、サンフレとしては、ベットを解雇することで構想から外れていた選手を手放し、空いた外国人枠に新しい選手を入れれるようになったのだ。

 たぶん、こうあからさまなやりとりはなかっただろうし、そう思いたいのだが、暗にフロントにそういう思いがあったのではとちょっと思ってしまった。

 ベットはブラジル時代に問題を起こしたりはしていたものの、サンフレに来てからはすごく真面目に過ごし、ムードメーカとしての一面もあったり、プレーも好きな選手だっただけに惜しいものだ。

 ただ、日本にはまだベットを欲しいと思うクラブもあると思うので、またJでベットが見れると嬉しいなと思う今日このごろだ。。。





posted by ゆーた at 22:37 | Comment(0) | 日記

2006年10月04日



惜敗


 日本対ガーナ戦をテレビで見る。

 結果は0−1の惜敗。

 負けはしたのだけれど、選手も良く動き、いい試合を見れたのではと思う。少なくとも、ジーコ時代よりかはゴールが期待できる戦いだった。

 ジーコの時は、とにかくボールを繋いで回して相手を崩していくスタイルだったが、今のスタイルはワンタッチの多用など、テンポや速さで人数をかけて相手を崩す感があり、こちらの方が日本人に合っているのでは?と思ったものだ。

 まだまだこれからだとは思うが、これからアジアカップなどに向けて期待したいものだ。

 これから年末、年始あたりに海外組の合流が報道されているが、このチームに海外組が合流した時の試合が楽しみだ。

 今の布陣の左に松井、右orトップ下に中村俊輔が入ったところを想像するだけでもおもしろそうだ。


posted by ゆーた at 23:05 | Comment(0) | 日記

2006年09月30日



分け。


 分け。ドロー。

 J2時代からの因縁の(?)川崎Fとの試合だったが、結果はドロー。攻撃的に出て、佐藤のハットなどいいところもけっこうあったのだが、取っては取られて、取っては取られてであえなくドロー。

 上位クラブの川崎Fに金星?と思っていたのだが、残念だった。。。

 まだ降格戦線から完全に離脱したわけでもないので、できれば取りたい勝ち点3だったが、まあ次につながる試合だとは思った。


posted by ゆーた at 21:12 | Comment(0) | 日記





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。